練り込み陶芸入門
  はじめに 陶芸の基礎  基本編  応用編  練り込み陶芸ノート 編集後記

  Top・はじめに > 練り込み応用テクニック > ストライプ模様の花入れをつくる

3-1 ストライプ模様の花入れをつくる(タタラづくり〜ロクロ成形)


タタラづくりでストライプ模様の長めコップをつくり、ロクロの上で胴をふくらませ花入れをつくります。
ロクロが回転しているので、模様も自然に流れます。


 
背の高いストライプ模様のコップをつくる。
ロクロ挽きしやすいように筆に水を含ませ、外と内側をなでる。


 
内側に水がたまってしまったときには、コテの先にスポンジをつけて吸いとる。
一度、全体を絞るようにしめてから、口のすぼめる部分にあたりをつけます。



 
柄ゴテを使用し。胴のふくらみをつける。
ストライプ模様はとくにタテ割れしやすいので、広げる時には注意が必要です。
ロクロ挽きが終わったところ。回りに手ドロ(ドベ)がついて模様は隠れている。


 
急ぐ時はドライヤーを使い、表面を乾燥させる。(自然乾燥の方がベスト)
表面がしっとりと乾いて(生乾き)になったら、削りカンナで手ドロを削る。


 
うっすら模様がみえてきたら削りをやめ、作品を完全に乾燥させる。
削りの仕上げは、ヤスリ掛け。スチールウールを使い模様を削りだす。

「練り込み」の失敗で意外と多いのが、削りの時です。
粘土は乾いたときがいちばんもろく、欠いてしまったり、削りながらつい手をすべらせ、
落としてしまうこともあります。注意しましょう。



最後に削ったカスがのこらないように、刷毛や筆できれいにはらい、成形終了。







▲ to TOP











Copyright(c) 練り込み陶芸入門 All Rights Reserved