練り込み陶芸入門
  はじめに 陶芸の基礎  基本編  応用編  練り込み陶芸ノート 編集後記

  Top・はじめに > 練り込み基本テクニック > マーブル模様のコップ・湯呑みをつくる

2-4 ストライプ模様

(2) ストライプ模様のコップ・湯呑みをつくる




 
5mmのタタラ板でスライスした粘土を用意し、曲尺をつかい、粘土を切り取る。
曲尺の向きを変え、切る。長さは約250mm、高さは好みで、70-100mm位が使い易いサイズ。


 
底に使う5mmの粘土板を用意する。
心材に新聞紙を巻き、粘土を巻きつける。粘土に直接ふれないように布を持っている。


 
粘土が長いので、針で余分な粘土を切り取り、粘土がやわらかい時はそのまま接着する。
貼り合わせた部分をしっかりつける。


 
底の粘土の上にのせる。
ナイフで余分な粘土を切り取る。



 
紙筒を先ずぬき、新聞紙を丁寧にはがす。
周囲や口、中をコテで仕上げ成形終了。



▲ to TOP











Copyright(c) 練り込み陶芸入門 All Rights Reserved