練り込み陶芸入門
  はじめに 陶芸の基礎  基本編  応用編  練り込み陶芸ノート 編集後記

  Top・はじめに > 練り込み基本テクニック > マーブル模様の角皿・小鉢をつくる

マーブル模様の角皿・小鉢をつくる

(1)マーブル模様の角皿をつくる

型を使い、マーブル模様の角皿をつくります。


 
5mmのタタラ板を粘土の両側に置いて、ワイヤーを外に引っ張りながら、
親指でタタラ板を押さえ、手前に引く。
スライスした粘土をはがす。


 
粘土の板は汚れたり、くっついたりしないように、布の上に置く。
外型を使いナイフで回りを切り取る。


 
外型をはずす。内型を中心に置く。
スポンジの上に移動。


 
内型を押し込むと、角皿の縁が一気に持ち上がる。
スポンジの上から移動し、内型をはずす。



成形終了




▲ to TOP











Copyright(c) 練り込み陶芸入門 All Rights Reserved