神流町山中地溝帯・化石発掘体験

春休みから始めた下の子との「化石採集」。
今回は「恐竜王国中里」神流町恐竜センターの化石発掘体験に挑戦しました。
早めに予約を入れたものの、当日(4/21)は雨、前日の降雪もあり、春というより真冬並みに寒かったです。
約1億2000万年前、山中地溝帯(白亜紀)「瀬林層」、恐竜が生きた時代の化石採集とあって楽しみにしていました。
職員の方の説明では、黒い石に化石があるそうで、雨だと黒い石が見つけやすそうです。初心者でもあり、奮闘1時間、ようやくそれらしい石を掘り出すことができました。
少しずつ割ってゆくと、小さいですがシジミ貝の仲間と巻貝を発見。下の子もなんとかシジミ貝を発見できました。
帰りには、子どもが地元の方から貝の化石を分けもらい、色は違いますが、こちらも「瀬林層」だそうです。


恐竜の足跡「さざなみ岩」


化石発掘体験入口


化石発掘中


職員の方が説明で使用していた化石です。


シジミ貝と巻貝の化石


黒い石を割ってみると・・・


小さいですが、化石発見。


瀬林層の化石