7月28日(土)・29日(日)と猛暑が続く中、埼玉県小川町にて第64回小川七夕まつりがおこなわれました。


下の子(小5)がスポ少に入っているので、スポ少の竹飾りの取り付けの手伝いに行ってきました。
竹飾りには、夜間照明を仕込んだり、雨対策でビニールをかぶせています。
交通規制が始まると、竹を建てる穴が歩道に空けてあるので、竹を挿して立てます。竹は、しなりが大きいので鉄パイプを4本使い補強しています。
滑車を三カ所に付け、ロープ2本で飾りのついた竿をつり上げています。
1日目の交通規制が解除される前に、竹は立てたままで飾りのついた竿を降ろし、2日目の朝にまた竿をつり上げて取り付けます。
毎年、驚くほど手の込んだ竹飾りがあり、感動します。