「練り込み」陶芸家の作品(1)

制作を続ける中で、多くの情報を得ることができるのはやはり「練り込み」のプロの作品です。
人間国宝・故松井康成氏ゆかりの笠間を訪ねたり、東京のデパートやショップに立ち寄ると、決して多くはありませんが、「練り込み」の作品との出会いがあります。
やはり手間のかかったものは一般的に高価でもあり、その場でじっくりと観察させていただきます。それでもいくつかは授業料と考え、購入したものがありますので紹介します。

會田雄亮氏の湯呑み
30年以上前に「ネッスルゴールドブレンド違いのわかる男」のCMで放映された陶芸家・會田雄亮氏の作品です。ふらりと寄った日本橋の丸善で購入したものです。


「木立」會田雄亮(正面)


つなぎ目(裏)


底の外側にボディを接着しています


陶歴書