鶉手(うずらで)とは

ウズラの羽模様の斑紋(はんもん)のある陶器のこと。
伝統的な技法でもあり、古くは鉄分の多い土(褐色)と少ない土(白色)を素地に使用しています。